ホーム > ブログ > 新型コロナウイルスに対する園での取り組み

新型コロナウイルスに対する園での取り組み

新型コロナウイルス感染拡大が懸念され、

心配されている方も多いかと思います。

風邪やインフルエンザが流行する時期とも

重なり、より、安全にお子さまをお預かり

できるよう、日々おこなっている取り組みを

ご紹介いたします。

☆園舎内1階2階に、光触媒酸化チタン

抗菌ナノゾーンコートを施工。

☆保育中は、換気を心がけ保育室とトイレに

空気清浄機を設置。

(保育室 空気清浄機)

☆職員は出勤前に、検温と手指の消毒。

☆登降園の子どもの受け入れは、玄関前での

検温と手指消毒。

☆午睡時に、子ども同士の顔が近づかないよう

顔と足を互い違いになるように配置。

 

 

 

 

☆子ども達も咳エチケットと念入りな手洗い

と消毒。

☆定期的におもちゃや室内の消毒。

☆食後、口や手の清潔を保てるように、

ウエットティッシュを使用。

☆一日に何度も手洗いし、手拭き時に

他の子のタオルに触れるのを避けるため

使い捨てのペーパータオルを使用。

☆職員から子ども達に新型コロナ

ウイルスを感染させないよう、子ども達

と食事を別々にとり、マスクを子ども達

の前では外さないようにしています。

 

子ども同士の関わりが多く、3密を避ける事が

難しい保育園ですが、新型コロナウイルスの

感染を防ぐため、職員一同、力を合わせて

取組んでいます。