ホーム > ブログ

カテゴリー: スタッフブログ

園長先生のお話の後、担任から

メッセージカードを1人ずつ皆の

前に出てもらいました。

今年度のメッセージカードは、

子ども達が自分の顔や、お友達の

顔を描いた手作りのメッセージカード

です。

 

 

 

 

 

 

 

1人ずつ前に出る時も、大きな声で

返事ができたり、カードをもらうと

「ありがとう」と、言える子。

お兄さん、お姉さんになったね。

お楽しみの大型絵本は動物がたくさん

登場し、動物の身長が大きくなる

様子に子ども達も自分の成長して

いく姿を重ねてみていました。

その後、対面になって朝の会でやって

きた、わらべうたの「あがり目

さがり目」や、「だるまさん」を、

卒園児と在園児がペアになって

楽しみました。

普段することのない2歳児の

お兄さんお姉さんと0歳児が

ペアになり、にらめっこの

真剣勝負をしました。ルールの

分かる2歳児は、笑わないルールを

伝えようと頑張っていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

子ども達の成長を感じるおわかれ会に

なりました。

すてきな笑顔をありがとう。

 

今日は、3月3日ひなまつりです。

ひなまつり会が始まる前から、

先日、おひな様の製作をしたり、

タペストリーを見たりしたので、

「お家にも、おひな様あるよ!」

という声が、子ども達から出て

いました。

ひなまつり会では、園長先生から

ひなまつりの由来を教えていただき

お楽しみの紙芝居も、子ども達の

好きな動物が出てきたので、楽しく

見ていました。

おやつには、桃の花の形したひな

まつりゼリー、給食では、ちらし

寿司を食べた事もあり、子ども達も

ひなまつりの雰囲気を味わって

いましたよ。

子ども達の健やかな成長を祈り

みんなでお祝いしました。

園長先生から、泣き虫鬼や怒りんぼ鬼を

皆で追い払おう!とお話を聞いて、

いよいよ鬼が登場!。

鬼の迫力に、涙が出そうになりながらも

勇気を振り絞って「えーい!」と鬼に

何度もボールを投げて、皆で鬼を追い払い

ました。

1年に一度の豆まき。日本の伝統行事に

触れられる良い経験になりました。

トレーニングラボの利用者の方と定期的

に、交流する機会を設けています。

子ども達の紹介では、2歳児いるか組と

1歳児ぺんぎん組は自分で名前を言い、

0歳児らっこ組は、名前を呼ばれると

「はい!」と、かわいく手を挙げて

くれました。

今回は、体操や手遊びの他に、いるか組

がカスタネットを披露しました。

上手にできるとラボの利用者の方から

拍手をしてもらえ、子ども達はとても嬉し

そうでした。

子ども達も発表の場があることで、練習の

励みになっているようです。

ラボの利用者の方に会える事を、子ども達

も、とっても楽しみにしています。

 

梶の木内科医院小児科の寺澤先生に

来ていただき、今年度2回目の内科

健診をしました。

事前に保護者の方には、子どもの

事で気になる様子や症状等を問診表に

記入していただいたので、子ども達の

発育や体調等とあわせて丁寧に見てい

ただく事ができました。

子ども達も落ち着いて診ていただく

事ができましたよ。

今回は、可児市保育協会から講師の

先生に来ていただきました。

わらべうたの優しい歌声や保育士

とのスキンシップに、子ども達も

リラックスしていました。

お手玉やシフォンスカーフのふか

ふかで柔らかい手触りに、子ども

達も興味津々でした。

また、保育士の膝の上に子ども達

を乗せ、「ダイコンツケ」や、

「うまはとしとし」等を一緒に

楽しみました。

子ども達はテレビやスマホ等、音や

刺激の多い環境で生活しています。

わらべうたの優しい歌に親しむ事が

将来、人の話を聞く力につながると

いうことを保護者にも伝えていきた

いです。

 

 

お忙しい中、たくさんの保護者の方に
ご参加いただきありがとうございまし
た。
今回の保育参観は、台風19号が接近
してきている事もあり、天候が心配さ
されましたが、子ども達の思いが通じ
てか、さつまいも掘りも無事に行うこ
とができました。

朝の会では、いつもと違う雰囲気に、
緊張している子ども達でしたが、
泣く事なく、名前を呼ばれてお返事
したり、自分の名前が言えました。
わらべうたで、保護者の方とにらめっこ
もしましたよ。

次に、木育教室の一環で「祭りの鈴」を
親子で製作しました。
保護者の方と一緒に、紙やすりをかけた
り、金づちを使ったりしました。
できた作品を持って音楽に合わせて鈴を
鳴らして、とっても嬉しそうでした。

給食の試食会では、保護者の方と一緒な
ので甘えたい姿も見られましたが、
「みてみて」と、お野菜を食べる姿に
「お家では食べないのに」
と、びっくりしてみえました。

さつまいも堀りでは。一生懸命掘って
大きなさつまいもが出てきて、子ども
達も、保護者の方もびっくり!
お父さんが大活躍でした。

参観では、短い時間でしたが、4月から
の成長した姿をたくさん見ていただけた
かと思います。
これからも子ども達が、楽しく園生活を
過ごせるように、職員一同頑張って保育
していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2歳児いるか組は、お月様や月見団子の丸を自分で

絵筆を持って描きました。

ススキは、子ども達がタフロンテープを手でさきました。

1歳児ぺんぎん組は、月見団子を1つずつ慎重に

スタンプしていました。

0歳児らっこ組も、「ぼくもやりたい!」と、ペタペタ

貼るのがとっても楽しそうでした。

どの子が描いたうさぎの顔も、とっても表情豊かに

描けました。

指先でのりをつけて貼ったり、タフロンテープを

さいたり。指先を使う経験を大事にしていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いるか組が種をまいたミニヒマワリが満開になりました!

子ども達と種をまいて、水やりをしながら、芽が出るの

を待ったりと毎日成長していく様子をとっても楽しみに

してきました。

満開のヒマワリ達にニコニコの笑顔でした。

 

 

 

 

 

一緒に植えたピーマンや、ミニトマトもどんどん大きく

なってたくさん収穫できました。

花が咲いたり、小さい実がなるのを見ながら生長を楽し

みにしてきました。

大事に収穫した野菜は、お家に持って帰りました。

「お家でピーマン食べたよ!」と、いう声を聞くことが

できましたよ。

毎年、いるか組が植えているミニヒマワリや夏野菜。

今回は、ぺんぎん組も収穫させてもらいました。

来年、植えるのが楽しみだね。